漢方で症状緩和が出来るうつ病|ノー副作用で安心サポート

先生

現在の精神医療

先生

薬の併用が出来ます

うつ症状の治療では、抗うつ剤などの薬が使用されるのが一般的です。この手の薬は脳内物質に作用して、気分を良くすることが出来ます。ですが、時に依存性が生じてしまうことや副作用が問題となっており、少なからず不安を抱える患者が増えているのが最近の状況です。うつ病の治療は最低でも数ヶ月から数年かかることが多く、服用する薬の量も自然増えてしまいます。自己判断での減量や薬の中断は厳禁とされているため、服用中は何かと懸念材料が多くなるのが現実です。こういった状況の中、最近の精神科や心療内科のクリニックでは、新たに漢方薬を使用した治療を始めています。漢方薬に詳しい医師が常駐するクリニックも増える傾向にあり、希望次第で薬を処方してもらうことが可能です。漢方薬は元々の体質を把握することが必要とされます。漢方薬に精通した医師が常駐するようになったことで、そういった面にも気を配って、処方が出来るようになっているのが最近の医療機関です。一般の抗うつ剤と併用することも可能で、場合によっては副作用を軽減することも出来ます。全身状態を良くする漢方薬の効果が得られれば、抗うつ剤の服用量を減らせる可能性が出てくるのが大きなメリットです。漢方薬の場合には、気血水に注目して体を整えます。従って、うつ病の治療では気を整える漢方薬が主に使用されるのが一般的です。西洋医学ではカバー出来ない部分から症状にアプローチが出来るため、治療が難しかったケースでも回復の見込みが出てきます。

診療科が増えるでしょう

近頃は、あらゆる医療の現場で漢方薬が使用されるようになっています。これまでの西洋医学一辺倒だった風潮が少しずつ変わりつつあるのが、現在の傾向です。漢方外来や専門の診療科を設ける医療機関も増えており、様々な症状を相談することが出来ます。精神科や心療内科においても、近年は体質改善が一つの課題となっています。そのため、治療の大きなサポート役として注目されているのが漢方薬です。個人の体質は、実際普段の食生活や生活習慣の影響を少なからず受けています。最近では栄養価の少ないジャンクフードを多く摂取することで、うつ症状が起こりやすくなると言われており、クローズアップされているのが食べ物と精神的な症状の関わりです。また、体の冷えがうつ症状の一因になっているという説もあります。漢方薬は、生薬の働きで体を温め気や血の流れを良くしてくれる薬です。従って、体の中から体質を変えていくことが出来ます。特に女性の場合には、生理前や更年期の一症状としてうつを感じやすくなります。こういった時期には気血水のバランスが崩れていることが多く、生薬の効果が出やすいのが常です。実際心療内科や精神科では、女性の不調の場合には積極的に漢方薬を処方するようになっています。抗うつ剤を用いなくても、女性の場合は漢方薬で症状が改善出来ることが多いです。そのため、医師側でも近頃では漢方薬の効果を再認識するようになってきているのが本当の所です。今後はさらに漢方薬を処方する診療科が増えると考えられます。