漢方で症状緩和が出来るうつ病|ノー副作用で安心サポート

医者

ただの疲れかそれとも

病院

我慢しすぎないこと

現代社会は様々なストレスの要因に包まれています。会社での人間関係、あるいは家族との関係、近所や自治体などの地域社会との関係などがあります。そうした状況そのものが、精神的ストレスを引きおこし、うつ病になりやすい原因をつくっているともいえます。うつになりやすい性格というのもあります。責任感の強い人などもなりやすいでしょう。また女性は特に、女性ならではの身体的な影響というものもあります。妊娠や出産、更年期などの年齢によるもの、また身内との突然の別れなどで、急にうつ状態になる人もいます。うつになる原因は意外な所にあり、またほとんどがそのように精神的ストレスによるものなのです。うつの治療として、西洋医学では、抗うつ剤などを用います。最近注目されてきたのが、東洋医学の漢方としての治療です。抗うつ剤による治療も漢方としての治療も医師の処方により、決められます。しかし抗うつ剤は他の薬も併用して、処方されることも多く、また人によっては、長い服用により効かなくなるということも言えます。漢方の場合は、まずはその人の体の状態にあわせて、少しずつ処方をする方法をとります。また進行度合いに応じて、多種多様な薬があるのです。抗うつ剤は効くことを重視するのに対し、漢方では、どちらかというとその人の体の特徴を考えた、優しい処方の仕方といえるでしょう。また最近はそうした西洋医学の、薬の処方の仕方そのものの問題を、指摘している流れもでてきています。漢方の良さが見直されてきているのです。

個々を大切にした治療法

うつになるということは、たくさんのストレスに耐え、我慢をしてきたということです。それがどんなささいな事であっても、ただの疲れだと思っていたことが、なんだかいつもと違うと感じる、その感覚が大切です。何もやる気がしない、でも多少でも動けるのだとすればよいのですが、本当に全てが嫌になったと感じることはめったにないのです。そういう時に、自分がうつかどうかを診断できるサイトもあります。漢方による治療は、そういう些細な不安が現れた時に、効果的でもあります。うつの初段階にあらわれる症状に、あわせた漢方薬もあるからです。これが西洋医学の薬による治療ですと、同じタイプの薬の治療ではじまることが多いのですが、漢方の治療法はその人の体調にあわせて、さまざまな薬の選び方があります。うつになっている自分との対話により、その治療の時間が前向きに、また現実的に、自分をふりかえる時間となることでしょう。そんな治療法はうつにとっては最適なのです。また、薬を飲むということは、自分が病気であると自覚しているから服用するのですが、うつの場合は病気である自分という自覚よりも、その精神的ストレスから逃れたいという気持ちが多いはずです。ですから自分自身で改善していくにあたって、漢方の治療は、現実的に健康を取り戻す、自分自身との対話になり得るのです。漢方は専門の医師により相談が必要な治療法ですので、医師や専門家に相談して、自分の精神的なストレスを緩和できるよう、改善していきましょう。

気の流れで気持ちも治す

先生

うつの治療で漢方の力が注目を集めていますが、それは一人一人の症状に合わせた処方がうつの人たちに支持されているからでしょう。今後はますます西洋医学にも漢方薬やその考え方が取り入れられていくのではないでしょうか。また、薬の長期服用や副作用を不安に考える人からも、漢方は人気を集めています。

Read More...

現在の精神医療

先生

うつ症状の治療においては、現在漢方薬が使用されるようになっています。漢方薬を抗うつ剤と併用することも可能です。こういった工夫をすることで副作用の軽減や薬の減量が望めます。今後は漢方薬を処方する診療科がさらに増えるでしょう。

Read More...

体に合うもので改善する

悩み

うつ病を治すのであれば、可能な限り副作用のない漢方を使うことがおすすめです。効果が高いと言われているのは、高麗人参、西洋人参、甘草(かんぞう)です。漢方では、患者さんとのカウンセリングをとても大切にしていますので、きちんと話すことで自分に合った漢方薬を処方してもらうことができます。

Read More...